2020/08/23

随分昔のことだけれど何を撮っていいかわからないでいる時、先輩から空でも撮っとけと言われて撮影したことがある。撮影後にコンタクトシートを先輩にみせたところ「うん、何も写っていないな〜。今のお前みたいに空っぽだ。」と言われ打ちひしがれたことをふと思い出した。今は撮るものはあるがなかなか写らない。写真がうますぎても、下手すぎても、写らない。ふと体の力が抜けて自然にシャッターがリリースされた時、時折いい写真が撮れたりする。写る瞬間を体験する。至福のときである。穏やかな日々を切望する気持ちを持って毎朝おはようございますとハーフサイズの写真をこの頃撮っている。空は空に過ぎないが写し続けることで何か生まれるかもしれないと続けている。少なくとも今日も撮りますよとささやかな宣言をして日々を迎えている。1ロールで72枚撮れるハーフサイズを1日2枚ずつ一ヶ月で1ロールの朝の記録である。